【青島食堂 宮内駅前店】正真正銘の長岡生姜醤油ラーメン!!

ラーメン
たかぶ−
こんにちは! たかぶ−です。

今回は長岡市のラーメン店【青島食堂 宮内駅前店】について紹介いたします。

【青島食堂 宮内駅前店】とは

長岡市内に4店舗、新潟市や東京秋葉原にも店舗を構える【青島食堂】。

長岡生姜醤油ラーメンの先駆けとなった銘店として知られ、今もその人気は衰えることなく平日でも行列のできる人気店です。

【宮内駅前店】は、その【青島食堂】の本店として営業されている店舗です!

外観

「青島」と書かれた大きな青い看板が目印となり、店舗の木造、トタン屋根といった造りからも歴史を感じますね。

内観

店内はカウンター席のみの16席。

昔から変わりないであろう厨房、年季が入り少し色あせた感じの椅子や店内からも「味」がでています。

【青島食堂 宮内駅前店】のメニュー

まずは入店前に入り口手前の券売機にて食券を購入。

メニューはシンプルに「青島ラーメン」か「青島チャーシュー」。どちらも通称、長岡生姜醤油ラーメンですね。それとトッピングメニュー。

  • 青島ラーメン:800円
  • 青島ラーメン(大盛り):850円
  • 青島チャーシュー:900円
  • 青島チャーシュー(大盛り):950円

日本酒の種類は地元長岡市宮内に蔵のある「吉野川」ですね!
柿の種の生姜醤油ラーメン味ってのもありますが、うーん、まあ…

入店後、自由に空いてる席に着席、食券をスッとテーブルの前の方に提示します。

水をトンッと置いて食券のオーダーを一言だけ厨房に伝える店員のおばちゃん。人気店がゆえにさばきが早いです。クールな対応がたまりません。

ちなみに私はこの日、青島ラーメン普通盛りの食券1枚だけ提示。席の隣に座った兄ちゃんは「大盛り、チャーシュー、メンマ、ほうれん草」の食券4枚を慣れた感じでバッ!と私の食券隣に提示。なんかカードバトルでめっちゃ強い手札出されたような感覚になりました…余談。

【青島食堂 宮内駅前店】の「青島ラーメン」

今回は「青島ラーメン」を注文。

輪切りのネギが少量浮かび、濁りがなくスッキリとした見た目のスープにツヤのある中細麺が浸り、チャーシュー、板海苔、メンマ、ほうれん草、ナルトがトッピングされています。

スープ

豚骨ベースに生姜の風味や醤油ダレが効いてコクがありキリッとした味わい。
麺など食べ終わった後もレンゲが止まらなくなります!

麺は【青島食堂】自家製のツルッツルの中細麺。
喉越しも良く食べやすくて普段食べている麺の量ではすぐに完食してしまうのではないでしょうか。

並盛り:175g、大盛り:250g

たかぶ−
このツルッツルの麺と生姜醤油スープとの相性が抜群すぎて堪りません♪

【青島食堂 宮内駅前店】の口コミ

【青島食堂 宮内駅前店】の店舗情報

アクセス・営業時間など

住所新潟県長岡市宮内3丁目5−3
TEL0258-34-1186
営業時間11:00〜20:00
定休日不定休
座席数16席
駐車場有り(9台)

駐車場

駐車場は店舗裏の駐車場に5台、そこから数メートル離れた駐車場に4台の計9台駐車可能。

店舗裏駐車場
店舗裏近くの駐車場
宮内駅前ロータリー内の送迎車用駐車場に停めてはいけません。

まとめ:正真正銘の長岡生姜醤油ラーメン

長岡市の老舗であり人気店でもある「青島食堂」は1度食べれば分かる他店の長岡生姜醤油ラーメンを寄せつけないレベルのシンプルながらにパーフェクトな味わい。これが正真正銘の「長岡生姜醤油ラーメン」です。

人気店のため平日でも開店前から数人並んでいます。行列が長く、駐車場も満車の場合は近くの【曲新町店】【宮内店】【曙店】の利用も視野に入れると良いと思います。

しかし、まだ青島食堂を味わったことのない方には、まずは本店の店構え、店内雰囲気も含め「味」のある【青島食堂 宮内駅前店】の利用をオススメします。ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

▽こちらの記事もおすすめ!

【長岡市のおすすめラーメン店】地元民の私はここに行きます!

2019年8月15日